冬の童話祭2013看板

冬の童話祭とは
小説家になろう内にて冬に開催されるジャンル限定企画です。
⇒企画概要を見る

2013年2月18日16時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
⇒参加作品目録

提出作品(ランダム)

小説情報
お菓子の家で留守番をしていた見習い魔女の話。

ヘンゼルとグレーテル ややハートフル ややブラック 恋愛(?)

読む
小説情報
少年は冬が嫌いだった。
長く続く冬を終わらせるために雪だるまを作って壊そうとするが、
思った以上にうまくできたため壊せずにいた。
次の日、雪だるまがなくなり、代わりに少女が立っていた。
少年は少女に出会い――そして別れる。
そんな話をここに語ろう。

冬 春 少年 少女 雪だるま

読む
小説情報
ゆきだるま目線の、男の子とゆきだるま「まる」のお話。

切ない 冬 ゆきだるま

読む
小説情報
小さな村に、幸せに暮らしている家族がいました。おばあさんとお父さんとお母さん、それから娘のヘレナ。ヘレナの笑顔はみんなの宝物です。ある雪の日、お父さんは倒れていた男の人を拾ってきました。ヘレナには、その男の背中から生える真っ黒な羽が見えたのです……。

悪魔 ほんわか ハッピーエンド

読む
小説情報
昔あるところに、傲慢で何でも一人でできると思い込んだ剣使いの王子がいました。同じ年頃の男の子達の稽古の誘いも乱暴に断わり追い払う王子。乱暴に追い払われた男の子達はひそひそと王子をみてあざ笑うのを見た王子は苛立ち、一人でできると証明するため魔物退治に出かけるが、魔女の子に誘われ、王の命令で何故か二人でいくことにーー。しかも魔物は宝を守っているという。その宝物によって王子の行く末が決まる物語。

魔法 剣 ファンタジー

読む
上へ