冬の童話祭2013看板

冬の童話祭とは
小説家になろう内にて冬に開催されるジャンル限定企画です。
⇒企画概要を見る

2013年2月18日16時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
⇒参加作品目録

提出作品(ランダム)

小説情報
冬の童話祭2013にふさわしい童話をと考えていたら雪の当番をする天使というイメージが浮かびました。 読む
小説情報
さほどむかしでもないむかし、ある田舎町に、兄と妹のきょうだいがいました。 読む
小説情報
宛先に向かう手紙と共に旅をする鞄とクレジットカードの物語

寓話

読む
小説情報
 たーくんは、ある日不思議な生き物ポクパエリアと出会います。

 姿も形も、そして言葉も不思議なポクパエリアとたーくんの出会いの物語。 読む
小説情報
高校生になり、毎日忙しい日々に追われていた主人公の前に
古くからの親友である『雪定』がこんな話を持ち出した。

「妖精を探しに行こう」

その一言で集まってしまった『詩子』

それはかつて幼少時に3人でやっていた
『不思議探検隊』の再結成であった。

3人を取り巻く懐かしい仲間。
本当に存在するのか全くわからない『妖精』。

無我夢中に探していく中で
主人公の心にある思いが蘇る。

これは3人の高校生に起きた冬の奇跡のおはなし。

ファンタジー

読む
上へ