冬の童話祭2013看板

冬の童話祭とは
小説家になろう内にて冬に開催されるジャンル限定企画です。
⇒企画概要を見る

2013年2月18日16時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
⇒参加作品目録

提出作品(ランダム)

小説情報
真奈美さんと秀夫がしりあう話です。

これだけで完結しています。

もしきにいってくれたら他のを読んでくれると嬉しいです。

恋愛 学校

読む
小説情報
魔女ペルペに出会った私は、冬の童話を話してくれとせがんだ。彼女が話してくれたのは、白い鴉のスノーの物語。

鴉 雪 魔女

読む
小説情報
むかしむかし、ある世界では、一人の悪魔が世界を闇をもたらしたというお話がありました。
その悪魔を人間が倒し、世界は平和になったのだという。
これから語るのは、そんな伝承ではなく、神からみた、世界を救った少女のお話……
読む
小説情報
ガレキが打ち上げられた浜辺で目覚めた少女。自分が誰なのか、なぜここにいるのか分かりません。少女は歩き出しました。

さて、少女は家族の元へ帰れるのでしょうか。

 少女 狐のお面 赤提灯 お巡りさん

読む
小説情報
「冬を感じるときはどんなとき?」 とある冬の季節、病室の少女は冬を巡る旅人と出会い、季節の感じ方を知るのでした。※本作品は冬の童話祭2013参加作品になります。 読む
上へ