冬の童話祭2013看板

冬の童話祭とは
小説家になろう内にて冬に開催されるジャンル限定企画です。
⇒企画概要を見る

2013年2月18日16時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
⇒参加作品目録

提出作品(ランダム)

小説情報
宛先に向かう手紙と共に旅をする鞄とクレジットカードの物語

寓話

読む
小説情報
パリの片隅に暮らす女の子とお母さん。おなかの中にいる時から、ずっと天使に見守られていました。
ある日、白い天使像のある近所の教会に出かけたとき、お母さんはステンドグラスの光を見て、ふと思いました…。
天使との目に見えないささやかな交流と、パリの教会の様子を描いた作品です。 読む
小説情報
先生を連れ去った人は、とても綺麗な人でした。
「え ? 私をスープに ? 」
どうしましょうか・・この人、私を食べる気です。

小さな村の先生と短気な束縛者の、ほのぼの童話。

先生 魔法使い

読む
小説情報
あるところに、小さな王国がありました。季節がめぐるたび、季節の精霊を歓迎をすることになっている小さな王国は、けれどある年、冬のお祭りの用意を忘れてしまいました。これは、そんな国の小さなお城で、大人たちに代わって精霊をお迎えしようとした姫君と竪琴引きの少年の物語。
 ※自サイトにも掲載

精霊 姫 音楽

読む
小説情報
私の名前は雪子。

あのね……私ね…

R15 残酷な描写あり グロ スプラッター ぐちゃぐちゃ 狂気 殺人 幼児

読む
上へ