冬の童話祭2013看板

冬の童話祭とは
小説家になろう内にて冬に開催されるジャンル限定企画です。
⇒企画概要を見る

2013年2月18日16時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
⇒参加作品目録

提出作品(ランダム)

小説情報
お父さんからもらったおもちゃのブロック。ぼくはそれでいろんなものを作った。でもいつだって妹が邪魔をして、片っ端から壊していくんだ。そんなぼくが最後に作ったのは……。

兄妹 おもちゃ 不思議

読む
小説情報
 女の子は道端で水色の傘を拾いました。それは、傘を差した人を好きな場所へ運んでくれる魔法の傘でした。
 持ち主のきつねは「自分は一番行きたい場所に行けないのだから持っていても仕方ない」と言いますが、理由を聞いた女の子は、何とかしてあげたいと思うのでした。 読む
小説情報
 魔法の力で発展したリオ王国の王子リオライトは国の外へ旅立ちたいと大帝リオライアスに申し出た。大事な世継ぎである王子の申し出に困惑した王は旧友の魔法使いに是非を問い、自らも深く考えた。息子への愛から父である大帝リオライアスが出した答えは”自らと剣で勝負をし、打ち勝て。そうすれば願いを叶えてやる”という試練だった。偉大な父に息子は挑む。その勝負の結末は? そして、大帝リオライアスの真意は?

ファンタジー 魔法 愛 親子 剣 王 王子

読む
小説情報
でも、ぼくのそばにはサムライがいた――。
ぼくの、サムライとの思い出。

サムライ かこれ? 媚びない舐めない 畏れない

読む
小説情報
おおきい石と ちいさな石の ものがたり 読む
上へ