冬の童話祭2013看板

冬の童話祭とは
小説家になろう内にて冬に開催されるジャンル限定企画です。
⇒企画概要を見る

2013年2月18日16時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
⇒参加作品目録

提出作品(ランダム)

小説情報
村人から嫌われていた赤鬼は、親友である青鬼の知恵によって、村人たちと仲良くなることができました。しかし、それと引き換えに、彼は大好きな親友を失うことになってしまいました――

その村に、一人の男が現れました。彼は犬・猿・雉を引き連れていました――

泣いた赤鬼 桃太郎

読む
小説情報
かしこいきつねのコンキチは、人間が一番頭がいいと考える村人たちを困らせてしまおうと考えます。かしこいコンキチと心優しい猟師のせん太との心のふれ合いをお子様と一緒に読んでいただきたい作品です。

ほのぼの 絵本 読み聞かせ お子さんと一緒に

読む
小説情報
ゆきだるま目線の、男の子とゆきだるま「まる」のお話。

切ない 冬 ゆきだるま

読む
小説情報
人間のように造られたロボットのソラと、普通の女の子ケイトは仲良く暮らしていた。

ケイトは両親をなくしても、友達みんなに裏切られても、めげずに生きていた。

ソラだけいればいい。

と、それだけを思って。

しかし、ソラの燃料は切れかけていて…。

なすすべのないケイトはソラの最後の願いを叶えるため、溶けない雪だるまを作ろうと奔走する。

ロボット

読む
小説情報
 昔々、とある小さな国にそのまたずっと前から語り継がれるお話がありました。それは誰からも愛された“やさしい王さま”のお話でした。

冬の童話祭2013参加作品です!参加者の皆さまお疲れ様です。

改稿を別サイトにて掲載しております。

短編 王様

読む
上へ