冬の童話祭2013看板

冬の童話祭とは
小説家になろう内にて冬に開催されるジャンル限定企画です。
⇒企画概要を見る

2013年2月18日16時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
⇒参加作品目録

提出作品(ランダム)

小説情報
とある世界にある西方平原国に伝わる童話。
昔々あるところにおりました奴隷が自身の知恵を認められて大臣となりましたが・・・・・・・・・・


拙作【勇者「おれ、お呼びでない?」】にて綿花伯の農奴の子供達に語られた童話を基に構成されております。

ファンタジー

読む
小説情報
 
 寒い夜、一匹の兎が夜空に映える月に呼びかけました。

 「やあ、お月さん。君は僕のように寒さを凌ぐ毛皮がないけれど、寒くないのかい」と。

 月はそれに優しく応えます。

 「大丈夫だよ。空は寒くないんだ。私は雪が降るよりずっとずっと高い所にいるからね」って。

 寒い夜の、短いお話が始まります。




それは無茶だぜ、 兎さん…… ぶっちゃけ 月に見えない 月 冬

読む
小説情報
新年を迎えて、げんごろうはでっかい書き初めを書いたことをお母さんに自慢すると、お母さんもげんごろうの書き初めをほめています。
しかし、げんごろうの書き初めは習字で書いたものではありません。げんごろうが書いた書き初めというのは、実は…

おねしょ 昔話 幼児 男の子 腹掛け 昔ばなし ほのぼの 書き初め

読む
小説情報
いちねんじゅう雪におおわれたあの山のむこう――
そこにはなにがあるのか、じつははだれもしりません。
でも、山になにがあるのかは、しっています。
あの山には、雪の神さまがすんでいるのです。 読む
小説情報
可哀そうな怪物が、森で出会ったのは一人の盲目の少女でした。 読む
上へ