冬の童話祭2013看板

冬の童話祭とは
小説家になろう内にて冬に開催されるジャンル限定企画です。
⇒企画概要を見る

2013年2月18日16時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
⇒参加作品目録

提出作品(ランダム)

小説情報
少年は冬が嫌いだった。
長く続く冬を終わらせるために雪だるまを作って壊そうとするが、
思った以上にうまくできたため壊せずにいた。
次の日、雪だるまがなくなり、代わりに少女が立っていた。
少年は少女に出会い――そして別れる。
そんな話をここに語ろう。

冬 春 少年 少女 雪だるま

読む
小説情報
 ある春の日、家の庭に彼は彼女を見つけた。
 その姿を目で追うだけで、声も掛けないまま過ごすうちに、季節は夏から秋へ。
 秋は彼に一通の手紙を運んで来る。
 そしてこたつが出される事がなかった冬。

戦争 平和への祈り ねこ こたつ

読む
小説情報
少年と少女…二人の守護神は人に大切なことを伝え、残した。
※童話初挑戦な作者が童話っぽくなるように書いたなんちゃって童話です。
冬の童話祭2013に参加してみました!

になってる… といいな… 少年と少女 神様っぽくない

読む
小説情報
「うさぎ、うさぎ、雪うさぎ。お弔いに、まっかなおめめでやってきた」
夜更けの雪の庭に女の子が三人。僕はお弔いへと招かれたらしい。白装束の女の子は言う。「わたしの名前を当てて」少女は狐の面をつけているから顔すら見えないのに。「当てなければ帰さない」と少女は笑う。

ミステリアス 美少女 幻想的 雪 気まぐれ

読む
小説情報
死神と対峙した男は願った。女性を氷の彫像にして欲しいと。幻の彫刻家は報酬に彼と彼女の関係を語らせた――――冬の童話祭2013参加作品。ちょっぴり苦い大人向けの童話。

死神 悲劇

読む
上へ