冬の童話祭2013看板

冬の童話祭とは
小説家になろう内にて冬に開催されるジャンル限定企画です。
⇒企画概要を見る

2013年2月18日16時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
⇒参加作品目録

提出作品(ランダム)

小説情報
……みなさん、はじめまして。私は小さな書店を営んでおります、エフェメラと申します。本日は朗読会にご参加いただき、とっても嬉しく思います。今日、私が朗読しますのは、心優しい英雄と小さな黒妖精の冒険物語「勇者と竜の女王」です。それでは、宜しくお願いいたします。///全10話、一話につき2000~3000文字のお話です。拙作「お前ら!武器屋に感謝しろ!」の作中作でもありますので、合わせて楽しんでいただけましたら作者冥利に尽きます。

悲恋 冒険 勇者 妖精 バッドエンド ファンタジー

読む
小説情報
 その日の夕暮れ。あたしたちは、屋上から恐竜を見た。

日常 青春 友達 恐竜

読む
小説情報
山あいの小さな村で、唐草模様の卵から生まれたヒヨコの吉右衛門。
彼の頭には“ちょんまげ”が生えていて、宇宙人疑惑が勃発。
ちょっとヒト(ヒヨコ)と違う、吉右衛門に明るい明日はあるのか!?

ヒヨコ 吉右衛門 ちょんまげ デグリーズノート

読む
小説情報
ぼくに〝おとうと〟がうまれた。でも、パパもママも〝おとうと〟のことばかり。だからぼくは〝いえで〟することにした。 読む
小説情報
むかしむかし、遠い日の僕はその森で君とかくれんぼを始めた。

恋愛 かくれんぼ

読む
上へ