冬の童話祭2013看板

冬の童話祭とは
小説家になろう内にて冬に開催されるジャンル限定企画です。
⇒企画概要を見る

2013年2月18日16時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
⇒参加作品目録

提出作品(ランダム)

小説情報
 連日の雪に対してのグチなので、小説でもなければ童話でもあらず。
 それでも童話祭りに投稿してみました。
 うん、身体が痛い。

雪かき グチ

読む
小説情報
ポン子ちゃんのキラキラした瞳に見つめられると、いつもどきどきしてしまう。
クリスマス、ぼくはポン子ちゃんに「橋」をプレゼントすることにした。ぼくはたぬき、橋に化ければいいんだよ。

たぬき クリスマス ほのぼの

読む
小説情報
土地のガイドの話だと、この季節には泡の雪が降るという。
私はこの泡の雪がどこから降ってくるのか確かめにむかう。

※拙作『二百文字小説置場』に掲載しているシリーズ「ガイドと旅人」からの独立短編です。

雪 泡 異世界観光 ガイドと旅人

読む
小説情報
大きな山のふもとに、小さな村がありました。
山を越えるために旅人がよく訪れます。
最も人の足が遠のく冬に、季節はずれの旅人がやってきました。
旅人は、泊まった宿屋で心を閉ざしかけた少女と出会います。
二人は言葉を重ね、年に一度だけの交流は一年、二年と続いていきました。やがて同じ想いを抱く二人には、雪のような結末が待っていたのです。

恋愛 ファンタジー 涙

読む
小説情報
死なない一見素晴らしい事かもしれません
しかし死なないと言う事にも悲しみや苦しみがあるのです

 

読む
上へ