冬の童話祭2013看板

冬の童話祭とは
小説家になろう内にて冬に開催されるジャンル限定企画です。
⇒企画概要を見る

2013年2月18日16時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
⇒参加作品目録

提出作品(ランダム)

小説情報
ぼくのとてもきらいな、ネズミのはなし。童話チック文芸小説です。 読む
小説情報
大きな山のふもとに、小さな村がありました。
山を越えるために旅人がよく訪れます。
最も人の足が遠のく冬に、季節はずれの旅人がやってきました。
旅人は、泊まった宿屋で心を閉ざしかけた少女と出会います。
二人は言葉を重ね、年に一度だけの交流は一年、二年と続いていきました。やがて同じ想いを抱く二人には、雪のような結末が待っていたのです。

恋愛 ファンタジー 涙

読む
小説情報
「嘘吐き狼」と呼ばれた狼が嘘を吐き続ける理由と、その狼に近付いた小鳥のお話。

※作中、残虐性を意とする言葉が使用されています。
苦手な方は閲覧にご注意下さい。

R15

読む
小説情報
森と街。匣のような狭い世界で暮らす、子供たちの小さな冒険。※真夜中のジェミニ、劇中劇。

猫 コマドリ

読む
小説情報
それは、そこにありました。長い年月、朝も、昼も、夜も、春も、夏も、秋も、冬も。そうしてただあるだけの存在だったそれのもとに、独りの少女が訪れました。変わらないものが、変わり始める。変わるものが、わかり始める。冬童話2013提出作品。

少女 四季

読む
上へ