冬の童話祭2013看板

冬の童話祭とは
小説家になろう内にて冬に開催されるジャンル限定企画です。
⇒企画概要を見る

2013年2月18日16時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
⇒参加作品目録

提出作品(ランダム)

小説情報
高校生になり、毎日忙しい日々に追われていた主人公の前に
古くからの親友である『雪定』がこんな話を持ち出した。

「妖精を探しに行こう」

その一言で集まってしまった『詩子』

それはかつて幼少時に3人でやっていた
『不思議探検隊』の再結成であった。

3人を取り巻く懐かしい仲間。
本当に存在するのか全くわからない『妖精』。

無我夢中に探していく中で
主人公の心にある思いが蘇る。

これは3人の高校生に起きた冬の奇跡のおはなし。

ファンタジー

読む
小説情報
私に全てを与えたあなただからこそ、海の泡と消えずに陸で歌っていたいのです。

―――そんな二人のある日。ある冬の海で。

恋愛 リア充爆発しろ 会話文のみ

読む
小説情報
何年も続く冬の山に一人の女の子がすんでいました。ある日、ヤマトという迷子の男の子があらわれたのです。ヤマトを村にかえそうと歩み始めたとき迷子は…。

迷子 カミサマ

読む
小説情報
真奈美さんと秀夫がしりあう話です。

これだけで完結しています。

もしきにいってくれたら他のを読んでくれると嬉しいです。

恋愛 学校

読む
小説情報
冬の童話祭2013の参加作品です。双子として生を受けた花鬼と雪鬼は、共に在れば災厄をもたらすとの言い伝えに、生まれてすぐ引き離される。やがて、お互いの存在を知らぬまま成長した二人は―

双子 鬼

読む
上へ