冬の童話祭2013看板

冬の童話祭とは
小説家になろう内にて冬に開催されるジャンル限定企画です。
⇒企画概要を見る

2013年2月18日16時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
⇒参加作品目録

提出作品(ランダム)

小説情報
白い白い世界の中で、黒い瞳の少女は何を見ているのか…。

冬の童話祭2013参加作品です。 読む
小説情報
お兄ちゃんが弟とおふろにはいって、弟のかみを洗おうとします。うまくできるかな?

シャンプーハット 兄弟 お風呂

読む
小説情報
ひとりぼっちの岩と、ひとりぼっちの年老いた猫の短いお話。

冬童話2013投稿作品です。

創作 物語

読む
小説情報
とある国にある高い、高い、塔についてのお話 読む
小説情報
「私は魔女で、あなたの友達よ。あなたも私を友達にしてくれたら嬉しいわ」 寂しい魔女が作ったのは、少年の人形でした。けれどもある日少年は、自分が何も知らないのを知ってしまいます。「僕は旅に出たいと思います。都へ上ってみたいと思うんです」 少年は魔女を森に残して、世界へ歩き出します。旅をして人を助けて、いつしか英雄と呼ばれます。けれど辿り着いたその場所で、少年はある言葉を思い出すのでした。「お前の無事を祈るのは、お前を無私に愛するのはひとりだけ。ただひとりだけだよ」 大切を見つけるまでの、これは回り道のお話です。

人形 魔女

読む
上へ