冬の童話祭2013看板

冬の童話祭とは
小説家になろう内にて冬に開催されるジャンル限定企画です。
⇒企画概要を見る

2013年2月18日16時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!
⇒参加作品目録

提出作品(ランダム)

小説情報
イジメっこの男の子が、ある日イジメをしている最中に事故にあってしまいました。ふと気が付くと変な空間に居り、そこで何者かに話し掛けられます。いったい、彼に話し掛けたものの正体は何だったのでしょうか?
読む
小説情報
水に困っていた村‘晴れの村’。
そこで立ち上がった少年アルと青年グウェンが
伝説の水の湧く種を探しに旅へ出た。 読む
小説情報
 ある冬の日、雪の魔女は聞き慣れない音に深い眠りから起こされました。
 このお話は、雪の魔女と小さな人間の短い冬の物語です。

ファンタジー

読む
小説情報
紅(くれない)の国のお姫さまは、幼いながらにとても可憐で美しいと評判でした。けれど、お母さまである女王さまに嫌われているせいか、あまり感情を出すことが得意ではありません。


※冬童話2013 投稿作品です。

姫 女王 ほのぼの 子ども視点

読む
小説情報
それは恋を叶える、孤独の丘に立つ桜の木の話。 読む
上へ